携帯HPパーツはChip!! 枠なし表示
携帯 【正信偈】
おつとめクラブ
信心
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏
聴聞により信仰に感謝し
確認の拝読させて
いただきます。

Hキューピーマンが考え直す信心
設我得仏 十方衆生
至心信楽 欲生我国
乃至十念 若不生者
不取正覚 唯除五逆
誹謗正法




1,●帰命無量寿如来
きーみょうむりょうじゅーにょらいー
・はてしない如来に、命を帰命する。

2,南無不可思議光
なーもーふーかーしーぎーこーう
・不可思議な光に南無したてまつる。

3,法蔵菩薩因位時
ほうぞうぼーさついんにーじー
・如来が法蔵菩薩との名で修行の時

4,在世自在王仏所
ざいせーじーざいおうぶーッしょー
・在世自在王仏のみもとにて

5,覩見諸仏浄土因
とーけんしょーぶつじょうどーいーん
・仏の浄土な国すべてを見て

6,国土人天之善悪
こくどーにんでんしーぜんまーく
・人間と天人の善と悪を見きわた上に

7,建立無上殊勝願
こんりゅうむーじょうしゅーしょうがん
・この上なく勝れた願を建てられた

8,超発希有大弘警
ちょうほつけーうだーいぐぜーい
・そしてすべての前で誓いをおこされました
 
9,五劫思惟之摂受
ごーこうしーゆいしーしょうじゅー
・五劫もの長い間、考えぬかれました

10,重警名声聞十方
じゅうせいみょうしょうもんじーッぽーう
・重ねて誓う名号が十方に聞こえますようにと
  
11,普放無量無辺光
ふーほうむーりょうむーへんこーう
・皆すべてに、いいました無量無辺の光

12,無碍無対光炎王
むーげーむーたいこうえんのーう
・何者にも、さまたげられない、炎のような光

13,清浄歓喜智慧光
しょうじょうかんぎーちーえーこーう
・清らかで喜ばしき智慧の働きをする光

14,不断難思無称光
ふー だんなんじーむーしょうこーう
・思いや言葉では、称えつくせなき光

15,超日月光照塵刹
ちょうにちがーッこうしょうじんせーつ
・太陽や月を超える光でいつも照らし続けてくれる。

16,一切群生蒙光照
いーッさいぐんじょうむーこうしょーう
・すべての衆生は、この光に照らされている。

17,本願名号正定業
ほんがんみょうごうしょうじょうごーう
・本願の名号は、正しい、おこないで

18,至心信楽願為因
しーしんしんぎょうがんにーいーん
・まごころの信心の願いが本当の因である。

19,成等覚証大涅槃
じょうとうかくしょうだいねーはーん
・幸福が定まり、覚りの大きな涅槃をひらく

20,必至滅度願成就
ひーッしーめつどーがんじょうじゅー
・必ず願いが成就され、さとりに至る

21,如来所以興出世
にょーらい しょーい こう しゅーッせー
・釈迦が、この世に、お出ましになったのは、

22,唯説弥陀本願海
ゆいせつみーだーほんがんかーい
・ただ阿弥陀如来の本願をお説きになるためだった。

23,五濁悪時群生海
ごーじょくあくじーぐんじょうかーい
・五濁で悪時な、この世でも

24,応信如来如実言
おうしんにょーらいにょーじつごーん
・釈迦の、まことな言葉を信じるべし。

25,能発一念喜愛心
のうほついちねんきーあいしーん
・一たびの信心で喜びのとき

26,不断煩悩得涅槃
ふーだんぼんのうとくねーはーん
・煩悩を断ぜずして涅槃を得ることができる。

27,凡聖逆謗斉回入
ぼんじょうぎゃくほうさいえーにゅう
・凡夫も聖者も、どのような悪人でさえも、みなココに入れば

28,如衆水入海一味
にょーしゅーしいにゅうかい いちみー
・水が海に入って一味になるのと同じように

29,摂取心光常照護
せーッしゅーしんこうじょうしょうごー
・常に照らし、おさめ取ってくださっている。

30,己能雖破無明闇
いーのうすいはーむーみょうあーん
・すでに無明の闇を破すといえども

31,貧愛瞋憎之雲霧
とんあいしんぞうしーうんむー
・貪欲,愛欲,瞋恚,憎しみ,の心は雲や霧のように

32,常覆真実信心天
じょうふしんじーつしんじんてーん
・常に真実の上を覆いかぶさっている

33,警如日光覆雲霧
ひーにょーにーッこうふーうんむー
・たとえ日光が雲や霧に覆いかぶさっていようが

34,雲霧之下明無闇
うんむーしーげーみょうむあーん
・雲や霧の下は、明るく闇なきが如し

35,獲信見敬大慶喜
ぎゃくしんけんきょうだいきょうきー
・信心を獲て大きに喜べば、

36,即横超截五悪趣
そくおうちょうぜつごあくしゅー
・五悪趣のいわれる迷いの世界を飛び越えられる

37,一切善悪凡夫人
いーッさいぜんまくぼんぶーにーん
・善人も悪人も一切の人々は、

38,聞信如来弘警願
もんしんにょーらいぐーぜいがーん
・この如来の本願を聞き信じていれば

39,仏言広大勝解者
ぶつごんこだいしょうげーしゃー
・仏は、すぐれた知恵を得た者だと言い、

40,是人名分陀利華
ぜーにんみょうふんだーりーけ
・この人を蓮の華の人のようだと名ずく。

41,弥陀仏本願念仏
みーだーぶつほんがんねんぶーつ
・弥陀の本願による念仏は、

42,邪見僑慢悪衆生
じゃーけん きょうまんなくしゅーじょーう
・あやまった考えや、おごりたかぶる人々は、

43,信楽受持甚以難
しんぎょうじゅーじーじんにーなーん
・ただ信じるだけでは、はなはだ難しい。

44,難中之難無過斯
なんちゅうしーなんむーかーしー
・難の中の難で、これ以上に難かしい事は、ない。

現代人のための親鸞入門


¥ 1,890¥ 1,260


[記事を書く]
[月別][コメント][トラバ]
[更新アラート]
2016年12月12日(月)
・本日は、私のレポートかいてみました。
02:42
コメント(0)/トラバ(0)
2015年12月28日(月)
・六 度 万 行 ・無財の七施 ・領生文
01:59
コメント(0)/トラバ(0)
2015年3月1日(日)
・私流に訳したのを加えた和讃です。
15:43
コメント(0)/トラバ(0)
2013年6月12日(水)
●私の現在のネット活動は
00:55
コメント(0)/トラバ(0)
45,印度西天之論家
いんどーさいてんしーろんげー
・西の方のインドのろんげ がたと

46,中夏日域之高僧
ちゅうかーじちいきしーこうそーう
・中国と日本の高僧がたは、

47,顕大聖興世正意
けんだいしょうこうせーしょういー
・釈迦が、この世に出られ本意をあらわした

48,明如来本誓応機
みょうにょーらいほんぜいおうきー
・如来の本誓は、我らのためだと明らかにされた

49,釈迦如来楞伽山
しゃーかーにょーらいりょうがーせーん
・釈迦は、楞伽山で、仰せになられた。

50,為衆告命南天竺
いーしゅーうごーうみょうなんてんじーく
・衆のタメ告げられてる南インドのある地域に

51,龍樹大士出於世
りゅうじゅーだーいしゅーッとーせー
・龍樹大士というおかたが世に出られて

52,悉能摧破有無見
しつのうざいはーうーむーけーん
・有無の見をことごとく打ち破ります

53,宣説大乗無上法
せんぜつだいじょうむーじょうほーう
・大乗のこの上も無い教えを説きのべ

54,証歓喜地生安楽
しょうかんぎーじーしょうあんらーく
・歓喜地を位を証し安楽浄土に生まれるだろうと

55,顕示難行陸路苦
けんじーなんぎょうろくろーくー
・難行の陸路は、苦しい道であるが

56,信楽易行水道楽
しんぎょういーぎょうしいどうらーく
・易行の道は、楽しいばかりだと

57,憶念弥陀仏本願
おくねんみーだーぶつほんがーん
・弥陀の本願を信じていれば

58,自然即時入必定
じーねーんそーくじーにゅうひつじょーう
・おのずからただちに必定に入る

59,唯能常称如来号
ゆいのうじょうしょうにょーらいごーう
・だから常に弥陀の号を称えて

60,応報大悲弘警恩
おうほうだーいひぐーぜいおーん
・大いなる慈悲のご恩に報いることと

61,天親菩薩造論説
てんじん ぼーさつぞうろんせーつ
・天親菩薩も論を造りて説いている

62,帰命無碍光如来
きーみょうむーげーこうにょーらーい
・無碍光如来に帰命したてまつると

63,依修多羅顕真実
えーしゅうたーらーけんしんじーつ
・経典の修多羅によって真実をあらわし

64,光闡横超大誓願
こうせんおうちょうだいせいがーん
・おうちょうのすぐれた誓願を説いた

65,広由本願力回向
こーうゆほんがんりきえーこーう
・この本願力の回向によって

66,為度群生彰一心
いーどーぐんじょうしょいーッしーん
・すべての者が救われると一心にあらわした

67,帰入功徳大宝海
きーにゅうくーとくだいほうかーい
・このくどくの大いなる宝の海に入れば

68,必獲入大会衆数
ひつぎゃくにゅうだいえーしゅうしゅー
・必ず、そこに入っているのと同じことです。

69,得至蓮華蔵世界
とくしーれんげーぞうせーかーい
・ここの浄土な世界に、生まれれば

70,即証真如法性身
そくしょうしんにょほーッしょうじーん
・ただちに真理を身につけた者になる。

71,遊煩悩林現神通
ゆうぼんのうりんげんじんづう
・この煩悩の迷いの林で神通力を現し

72.入生死園示応化
にゅうしょうじーおんじーおーげー
・この迷い世界に入っていても救われると示した

73,本師曇鸞梁天子
ほんしーどんらんりょうてんしー
・曇鸞大師、りょうの国王にも尊敬されてた

74,常向鸞処菩薩礼
じょうこうらんしょーぼーさつらーい
・常に大師のいる処に向き菩薩と礼拝されてた

75,三蔵流支授浄教
さんぞうるーしーじゅーじょうきょーう
・インドの三蔵に浄土の経典を授けられた。

76,焚焼仙経帰楽邦
ぼんしょうせんぎょうきーらくほーう
・その後仙人の経を焼き捨て浄土の教えに帰入した。

77,天親菩薩論註解
てんじんぼーさーつろんちゅうげー
・天親菩薩の論を註解し、みずからも論を書いた。

78,報土因果顕警願
ほうどーいんかーけんせいがーん
・報土の因も果も警願よるとあらわした。

79,往環回向由他力
おうげんねーこうゆーたーりーき
・往相も環相も他力の回向に、よるとした

80,正定之因唯信心
しょうじょうしーいんゆいしんじーん
・正しい生き方は、信心のみである。

81,惑染凡夫信心発
わくせんぼんぶーしんじんぽーつ
・まどいそまった凡人でも信心さえあれば

82,証知生死即涅槃
しょうちしょうじ そくねーはーん
・生死の迷いのままでも涅槃を証知する

83必至無量光明土
ひーッしーむーりょうこうみょうどー
・必ず、はかり知れない光明な浄土に至れば

84,証有衆生皆普化
しょう う しゅーじょうかいふーけー
・すべての人々みな救うといわれた。

85,道綽決聖道難証
どうしゃくけーッしょうどうなんしょう
・道綽も聖道で悟るのは難しいと決し

86,唯明浄土可通入
ゆいみょじょうどーかーつうにゅう
・ただ浄土を通入するべき事を明かし

87,万善自力貶勤修
まんぜんじーりきへんごんしゅー
・いくらかの自力の修する事をしりぞけられ

88,円満徳号勧専称
えんまんとくごうかんせんしょーう
・いつでも名号もっぱら称える事を進められた。

89,三不三信誨慇懃
さんぷさんしんけおんぎん
・三つの信心と信心でないものをしめされた。

90,像末法滅同悲引
ぞうまつほうめつどうひいん
・像法も末法も悲願は同じです。

91,一生造悪値弘誓
いーッしょうぞうあくちぐぜい
・一生涯 悪をつくりつづけても、本願を信じていれば

92,至安養界証妙果
しあんにょうがいしょうみょうかー
・安養界に行くしスベテの悟りを開くと、いわれた

93,●善導独明仏正意
ぜんどうどくみょうぶーッしょうい
●善導大師一人、仏の正意を明かしてくれた

94,矜哀定散与逆悪
ごんあいじょうさんよぎゃくあく
・善人も悪人も共にあわれみて

95,光明名号顕因縁
こうみょうみょうごうけんいんねん
・光明の名号の因と縁という事をあらわした。

96,開入本願大智海
かいにゅうほんがんだいちかい
・本願の大いな智慧の梅に入れば

97,行者正受金剛心
ぎょうじゃしょうじゅこんごうしん
・金剛のような正しいの心を受けた行者は

98,慶喜一念相応後
きょうきいちねんそうおうご
・このうえない喜びに相応する

99,与韋提等獲三忍
よ いだいとうぎゃくさんにん
・いだいけ夫人と等しく三忍の徳を得て

100,即証法性之常楽
そくしょうほッしょうしじょうらく
・そく常楽な幸福な生活がおくれると言われた。

101,源信広開一代教
げんしんこうかいいちだいきょう
・我が国の源信も、釈迦一代教を広く開かれた。

102,偏帰安養勧一切
へんきーあんにょうかんいッさい
・ひとえに安養にきして、すべてのものが勧む

103,専雑執心判浅深
せんぞうしゅうしんはんせんじん
・もっぱら深い心と浅い心があるのです。

104,報化二土正弁立
ほうけにどしょうべんりゅう
・報土と化土の2つに示された。

105,極重悪人唯称仏
ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ
・極重の悪人でも、ただ【 念仏 】を称えなさいと

106,我亦在彼摂取中
がやくざいひせッしゅちゅう
・我も今もまた弥陀に救われてるところですが

107,煩悩障眼雖不見
ぼんのうしょうげんすいふけん
・煩悩の目がさえぎられても、見たてる事はない

108,大悲無倦常照我
だいひむけんじょうしょうが
・弥陀の大悲は、常に我を照らしてくれている。

109,本師源空明仏教
ほんしげんくう みょうぶッきょう
・本師,源空も、仏教を明らかにしてくれました。

110,憐愍善悪凡夫人
れんみんぜんまくぼんぶにん
・善人も悪人も、すべての凡夫を哀れみて

111,真宗教証興片州
しんしゅうきょうしょうこうへんしゅう
・真宗の教えを、我が国に興し

112,選択本願弘悪世
せんじゃく ほんがん ぐ あくせ
・選択本願を悪世のこの世に、ひろめられた

113,還来生死輪転家
げんらい しょうじ りん てん げ
・生死の迷いから、ぬけれず、いるのは、

114,決以疑情為所止
けッち ぎじょう い しょ し
・本願を疑いはかっているからである

115,速入寂静無為楽
そくにゅうじゃくじょうむいらく
・すみやかに、静けさの浄土に入るには、

116,必以信心為能入
ひッちしんじんい のうにゅう
・必ず信心をもつことであると述べられた

117,弘経大士宗師等
ぐきょう だいじ しゅう しとう
・弘経の大士、祖師がたは、

118,拯済無辺極獨悪
じょうさいむへんごくじょくあく
・すべての極じょくの悪人をも救う

119,道俗時衆共同心
どうぞくじしゅぐ どうしん
・出家の人も在家の人もすべて共の同じく

120,唯可信斯高僧説
ゆいかしんし・こうそう・せ・つ
・ただこの高僧がたの教えを信じるべし

・コノ後に一般社会では、
聖人さまの残してくれてる【和讃】が称えられてます。

世間一般的な聖人和讃

12キューピーマンが考え直す信心

総合:01109
今日:00001
昨日:00000





w友達に教えるw
[▼REAL▼]
ブログ[編集][作成]

ひまつぶしめにゅ〜 by 凸リアル
Chip!!ブログ作成/ホムペ/メルボ