携帯HPパーツはChip!! 枠なし表示
拓哉ディスタ

2018年03月14日(Wed)
【PSGの前のバレンシア戦でも繰り返された:アセンシオのアシストからマルセロのゴール】
PSGの前のバレンシア戦でも繰り返された:アセンシオのアシストからマルセロのゴール


マルセロとマルコアセンシオ、新しいパートナーシップ



DavidG.Medina


マルセロとアセンシオ。アセンシオとマルセロ。マドリーで10分間のマジック、それはサンチャゴベルナベウでPSGに対し3-1のスコアにするのに決定的役割を果たした。マジョルカの出現はブラジル人の威厳ある試合を催しマドリーに革命をもたらした。その登場から強固なディフェンスと決定的な攻撃を築き、ジダンを納得させた。


3-1というスコアは、左サイドでアセンシオの出場後に彼の助けを借りたマルセロがアレオラの抵抗をものともしないコースにボールを蹴り入れることで生まれた。それはチーム内における左利きの両者の間で創造されたパートナーシップの最頂点であった。そのPSG戦の接点は決定的ではあったものの、なにもここ数週間で初めて起こった出来事ではない。これはマドリディスモの伝統が喜びとなっている証拠。


実際、メスタージャのバレンシア戦でも勝利を決定づけるプレーで彼らは連携していた。パスは攻撃的選手であるアセンシオから再び出された。想定されたディフェンスはマルセロによって再度オークションを実行、12番は真のナイフではないもののフィジカル的に十分であればグループの中では攻撃的役割を担う。ポイントは1-3の時であり、チームで上昇傾向にあった第2カピタンの前にセキュリティ対策を効果的に行えなかったマルセリーノは回帰を阻止された。


水曜日に行われたPSG戦に戻って、主役の二人はマドリーの左翼としてともにプレーし、試合の兆しに変化を加えた。ナチョとルーカスによる右サイドはさらに猛攻を仕掛けてくるネイマールを押さえ込むのに関連し、左は攻撃で相手を傷つけることを第一目標に据え、ジズーはPSG相手に自軍は推進力を保つのが得策と見るや、マルセロとアセンシオ、彼らに賭けた。左利きの二人によってなすすべなくアウベスは征服され、クリスティアーノの2点目やマルセロの3点目のどちらもただ傍観するしかなかった。


アセンシオが出場機会をふやしチームに活力を与えることにおいて左翼が揺るぎない存在だということをジダンは知ってる。この新しい社会は、どのような防壁も打ち破る力がある。当事者であるマルセリーノとエメリはこれらを誠意を持って伝えることができるだろう。




-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------





エイバル戦。
あのGKじゃなければあと2点は獲れてたかなというくらい凄まじい破壊力のクリスティアーノ王(´-ω-`)カルバハルとルーカス騎士の力を借りて森や泉を駆け抜け、ジョルジーナ姫と恋に落ち、息子さんと腹筋比べをしながらどうか、どぉーか!我々民もキエフに連れてって。盛んに王国ブラジルの王子ばかり取りざたされておるが、私どもにはあなた、あなたしかおりませぬ!どうか捨てないで考え直して振りほどかないで行かないで(T0T)!


フベニールA。マドリー3-2アトレティコ
試合を支配しきれていると思うたび、失点して、ヤキモキしましたが、最後は精度の高いマルティンのシュートとセサルの決定力に救われました。ダービーではあまり露呈しませんでしたが、今季のグティのチームはとにかく裏に弱い、いっこうに改善が見られないことにどうにも不安が拭えません

わけのわからん(名前も知らん!)アトレティコの輩に恐ろしいタックルかまされたフランガルシアの左足も無事なようなので、助かりました。これは本当によかった…彼の復帰はユースリーグ チェルシー戦に向けて好材料でしょう
ホームであれ、ぶっちゃけ実力差がかなりあると思うので、かつてないほどの強者が相手なわけですが、闘う姿勢を失わず、今日どこいって誰と逢おうかな〜とか、このあと何食べよっかな〜とか、他とのところに頭がいくことなく!最後まで諦めないでほしいです








00:38
コメント(0)
[コメントを書く]






w友達に教えるw
[▼REAL▼]
ブログ[編集][作成]

ひまつぶしめにゅ〜 by 凸リアル
Chip!!ブログ作成/ホムペ/メルボ